本文へスキップ

特定非営利活動法人東京自立支援センターは就労継続支援A型、就労継続支援B型、就労移行支援が共存している多機能型就労支援事業所です。

TEL. 042-576-9088

〒186-0012 東京都国立市泉1-16-4

サービス/製品一覧東京自立支援センターとは


東京自立支援センターとは

就労継続支援A型、就労継続支援B型、就労移行支援が共存している就労支援事業所です。3つの事業所が有機的に連帯することで、B型メンバーがA型へステップアップすることを目標に頑張ったりA型、B型メンバーが一般就労をめざすにあたり移行支援へ異動し、手厚い定着支援を受けること等が可能となっています。
このように、各メンバーに適した就労の場を効果的に提供することにより自立を支援していきます。また、必要に応じて家族や関係者とも連携を取りながら就労や生活面での相談に応じ、メンバーの働く力を総合的にサポートしています。


「就労継続支援A型」ともにー・ステップアップともにー

雇用契約を結び、最低賃金が適用されますので、月額11万円以上の収入が可能になります。ほとんどのメンバーが訓練の結果高い能力を発揮し、大きな戦力として活躍しています。

平成27年度平均賃金
ステップアップともにー 110,219円
ともにー        123,492円


「就労継続支援B型」ともにードリーム

メンバーそれぞれの特性や力に合った就労の機会を提供することにより、自立へ向けた知識や技術の向上をめざします。経過により就労移行や就労継続A型へ移ることもでき、B型であっても一般就労を視野にいれた支援が可能です。


「就労移行支援」ともにードリーム

民間企業から独立した法人であることを活かし、雇用企業側の視点も考慮した支援を行います。単なる職業訓練のみでなく、社会人として必要とされるマナー、習慣、意識など総合的に支援します。また就労後もメンバー、雇用企業共に継続的なフォローを行っていきます。



ともにーの由来

ともに働き、ともに暮らし、ともに生きていこうという思いから名付けられました。



全国のともにー

ともにーという名前は岡山の就労継続支援A型の事業所から始まりました。今では広島・岡山・和歌山・大阪・茨城へと、ともにーの輪は広がっています。民間企業から障がい者福祉サービスを立ち上げた会社が福祉について情報共有をする事で、事業運営を助け合おうという考えのもと名前を共通にしています。


バナースペース

特定非営利活動法人 東京自立支援センター

法人事務局
〒186-0012
東京都国立市泉1-16-4

TEL 042-576-9088
FAX 042-576-9144